読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

@半径とことこ60分

人間の認知範囲なんてそんなもんさと、鳥が囀った

さわやかウォーキング=水辺のやすらぎパークの牡丹となばなの里の花めぐり

f:id:ausnichts:20170422160053p:plain

f:id:ausnichts:20170422160057j:plain

やや曇り空でしたが、ウォーキングにはこれくらいがありがたいです。関西線長島駅から桑名に向かいます。最近はよく関西線を利用しているような印象です。

 

f:id:ausnichts:20170422160537j:plain

長島駅到着、混み合ってます。

 

f:id:ausnichts:20170422160641j:plain

駅舎もない無人駅です。

 

f:id:ausnichts:20170422160730j:plain

50m位のところに近鉄の長島駅がありました。こちらもさほど大きな駅ではありませんが、それにしても JRはこの路線では勝負する気はないようです。

 

f:id:ausnichts:20170422160950j:plain

スタートして1kmくらいで川といいますか用水のようなところに出ます。

 

f:id:ausnichts:20170422161446j:plain

あの船、何でしょうね? ガイドさんがついていました。

 

f:id:ausnichts:20170422161611j:plain

「遊覧舟めぐり」これですね。「長島水辺のやすらぎパーク」という観光施設がやっているようです。

桑名市観光ガイド・長島水辺のやすらぎパーク概要

 

f:id:ausnichts:20170422161839j:plain

f:id:ausnichts:20170422161845j:plain

f:id:ausnichts:20170422161849j:plain

牡丹園がありました。ほんとに牡丹って大雑把(?)な花ですね(笑)。

 

f:id:ausnichts:20170422162213j:plain

さらに川沿いを歩きます。

 

f:id:ausnichts:20170422162259j:plain

「なばなの里」を入り口です。

 

f:id:ausnichts:20170422162342j:plain

f:id:ausnichts:20170422162349j:plain

入口の前にはかなり大きな「花市場」があり、入り口にはいろいろな種類の芝桜が並べられていました。

 

f:id:ausnichts:20170422162517j:plain

長良川河口堰です。堰の上はこんなふうになっているんですね。道路のように見えますが、もちろん一般車は入れません。今日はウォーキング用にサービスで開けているんでしょうか、通常は閉ざしているのかもしれません。

 

今ググりましたら、ここの管理って国交省じゃなく「独立行政法人水資源機構」ってとこのようです。

独立行政法人水資源機構 長良川河口堰管理所

 

f:id:ausnichts:20170422163102j:plain

ゲートが下りています。ゲートは下図のようになっているようです。

f:id:ausnichts:20170422163742j:plain

 

f:id:ausnichts:20170422163757j:plain

堰の上から見た魚道です。

 

f:id:ausnichts:20170422163845j:plain

頭を持ち上げた蛇のようなものは「なばなの里」の展望クレーン、正面小さく見えるのは長島温泉のジェットコースターです。

 

f:id:ausnichts:20170422164021j:plain

1号線沿いに長良川、揖斐川を渡ります。1kmはありますね。車も多いですし、歩いていても何だか息苦しかったです。

 

写真はありませんが、渡ってからは、揖斐川沿いに「六華苑」まで歩きます。このあたりは、昨年の暮に歩いています。

ausnichts.hatenablog.com

 

f:id:ausnichts:20170422164439j:plain

市街地へ戻りました。

 

f:id:ausnichts:20170422164528j:plain

前回も歩いた飲み屋街ですね。「龍三と七人の子分たち」のロケ地になった所です。

 

f:id:ausnichts:20170422164757j:plain

ゴールです。約7.4km、楽なコースでした。

 

f:id:ausnichts:20170422164836j:plain

近場ですのでスタートがいつもより早かったのか、13時台の電車で帰ることになりました。