読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

@半径とことこ60分

人間の認知範囲なんてそんなもんさと、鳥が囀った

基礎収支8.3兆円赤字=日本の財政は、生活費をカードローンで補っているのと同じ

世の中

f:id:ausnichts:20170126101330p:plain

20年度基礎収支、想定外の赤字拡大 8.3兆円 :日本経済新聞

 

これ、あまり大きな扱いがされていませんが、個人の家庭で言えば、給料で生活費がまかなえていない状態が延々と続いているという状態です。

生活費が足りなければどうするか、手頃なカードローンですよ。

 

下の記事に、「2016年度の予算でみてみますと、収入 62.2898兆円に対して、支出が 73.1097兆円ですので 10.8199兆円の赤字です」と書きましたが、結局実際の税収が 55.9兆円だったらしく、赤字額は 17.2兆円に膨らみそうです。

ausnichts.hatenablog.com

一概に借金がいけないということでもないでしょうが、やはり収入で生活費が賄えない状態を平気で続けているのはよくないでしょう。

 

それに、この 8.3兆円赤字予想にしても、日経の記事から引用しますと、

試算は成長戦略が奏功し、中長期の経済成長率が物価変動の影響を除いた実質で2%以上、名目で3%以上になると想定した。

数字ですし、10%への消費税増税も見込んでいるそうです。

 

物騒な話をすれば、帝国主義の時代は、特効薬は戦争だったんですが、今じゃそうもいきません。

 

アベノミクスなんていうまやかしの政策の旗をおろし、真摯に財政再建に取り組むべきですね。