読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

@半径とことこ60分

人間の認知範囲なんてそんなもんさと、鳥が囀った

秦郁彦著『南京事件』

日本テレビの番組「南京事件~兵士たちの遺言~」に対して、産経が「『虐殺』写真に裏付けなし 日テレ系番組『南京事件』検証」と記事にした件、その後は何も起きていないようです。

ausnichts.hatenablog.com

 

「南京虐殺」、概要しか知りませんので、この際、いろいろ読んでみようと、まず秦郁彦氏の「南京事件」を読んでみました。

 

南京事件―「虐殺」の構造 (中公新書)

南京事件―「虐殺」の構造 (中公新書)

 

 

秦郁彦氏って、従軍慰安婦については強制はなかったという、いわゆる右派の代表格のような人物だと思っていましたら、南京事件(虐殺)については、その犠牲者数こそ3万から4万と、虐殺派にしてみればあまりにも少ない数を上げているとは言え、基本的には南京虐殺(Nanjing Atrocities)はあったという立場に立っているんですね。

 

南京虐殺はなかったという「まぼろし派」の人たちは、この秦氏をどう見ているんでしょう?

 

日テレと産経の件でもそうですが、南京虐殺にしても従軍慰安婦にしても、どんなに議論しても決して交わることはないだろうとは思いますが、やはり「まぼろし派」の本も読んでみるべきでしょう。何がいいんでしょう?

 

新「南京大虐殺」のまぼろし

新「南京大虐殺」のまぼろし

 

 

 

南京事件「証拠写真」を検証する

南京事件「証拠写真」を検証する