読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

@半径とことこ60分

人間の認知範囲なんてそんなもんさと、鳥が囀った

Plamo Linux で node.js(1)インストール

plamo javascript

node.js インストール

node.js のインストールはすでに以下の時点で済んでいます。

node.js と Grunt で Bootstrap less ファイルをコンパイルする(自動化)

$ node -v
v0.10.33

$ npm -v
1.4.28

 

Hello World!

公式サイトにあるサンプルプログラムでのチェックですが、listen w 127.0.0.1 でするとローカルでしかアクセスできませんので第二引数を省略しています。

var http = require('http');
http.createServer(function (req, res) {
  res.writeHead(200, {'Content-Type': 'text/plain'});
  res.end('Hello World\n');
}).listen(1337);
console.log('Server running at port:1337');

 

フレームワーク Express インストール 

$ sudo npm install -g express
...
$ sudo npm install -g express-generator
...

$ express version
4.9.0

 

Express チェック

$ express sampleproj
...

install dependencies:
  $ cd sampleproj && npm install
run the app:
  $ DEBUG=sampleproj ./bin/www

とプロジェクトが作成されますので指示通りに依存パッケージをインストール

$ cd sampleproj && npm install
...

し、サーバを起動

$ DEBUG=sampleproj ./bin/www
  sampleproj Express server listening on port 3000 +0ms

すると待機状態になりますのでポート3000にアクセス

f:id:ausnichts:20141216152453p:plain

となりOKです。サーバの起動は $ npm start でもいいようです。

 

EJS インストール

$ sudo npm install -g ejs
...

 

MongoDB インストール

node.js と相性がいいということですので MongoDB も入れておきましょう。

公式サイトから Linux 32bit 版をダウンロード、ver.2.6.6 でした。

$ wget http://fastdl.mongodb.org/linux/mongodb-linux-i686-2.6.6.tgz
$ cd /usr/local
$ sudo tar zxvf ~/mongodb-linux-i686-2.6.6.tgz
$ sudo ln -s mongodb-linux-i686-2.6.6/ mongodb
$ sudo useradd mongod
$ sudo mkdir -p data/db
$ sudo chown -R mongod:mongod data/db
$ sudo mkdir -p /var/log/mongod
$ sudo ./bin/mongod --dbpath data/db/ --logpath /var/log/mongod/mongod.log --journal

 

これでとりあえずは遊べそうです。