読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

@半径とことこ60分

人間の認知範囲なんてそんなもんさと、鳥が囀った

Plamo-5.2/DHCPでアドレスが取得出来ない(解決)

早速、問題発生です。

設定の続きをと立ち上げてみたところ、起動ログが

eth0: link is not ready

を表示したまま1分ほど停止してしいます。

前回から何も手を加えていません。変わっているのは、ネットへの接続環境が、つまりVAIOくんをネットにつないでいる場所が変わっています。同じフレッツ光なんですが、NTTのルータが違います。それが原因なんでしょうか?

しばらく待つとログインプロンプトになりますので、とりあえずログインしてみます。案の定、IPv4のアドレスが振られていませんので、手動で振ってみましょう。

# ifconfig eth0 192.168.1.100 netmask 255.255.255.0 broadcast 192.168.1.255

 ルータへpingも通ります。

DHCPサーバに問題がるのでしょうか? IPv6のアドレスは振られているようですので、IPv6が邪魔をしているのでしょうか? さてどうしたものか? 最終的には手動で振ろうと思っていましたので、これで問題ないのですが、せっかくなので、少し調べてみようと思います。

まずは、IPv6を無効に出来ないかやってみます。

/etc/modprobe.d/plamo-default.conf に alias net-pf-10 off と追加し再起動してみます。

ダメですね。ただ、IPv6は無効になっているようです。

そういえば、IPv6のアドレスは振られていますが、有効なんでしょうか? IPv6についてはよく分かりませんので、いろいろ調べて試してみます。

どうやら、IPv6は、DHCPは使用しないらしく、ルータがあれば自動的にアドレスが振られるらしいです。ルータに ping してみます。

# ping6  ルータのDNSサーバアドレス

通ります。

さて、次は、dhcp関係のスクリプトを調べることにします。

/etc/rc.d/rc.inet1 から /usr/sbin/dhclient を起動しています。/etc/dhclient.conf が設定ファイルで、/sbin/dhclient-script が呼ばれているようです。dhclient-script は、エンドユーザのカスタマイズを意図していないとあります。

dhclient.conf をシンプルに変更してみます。

timeout 60;

retry 60;

reboot 10;

select-timeout 5;

initial-interval 2;

script "/sbin/dhclient-script";

再起動しなくてもコマンドラインでいけそうです。

# ifconfig eth0 down で停止

# dhclient eth0

 やりました! 1,2秒でアドレスを取得したようです。

(2014/04/16追記)結局、上の dhclient.conf の設定はデフォルト値でも問題がないようで、dhclient.conf がなくても稼働するようです。詳しくはマニュアルをどうぞ。